時事

マカオのカジノ収入が減っている件についての考察

マカオの12月のカジノ収入についてブルームバーグからニュースになっていましたね。

マカオのカジノ収入はいくらなの?

マカオのカジノ収入12月は前年の同月比13.7%も減ったそうです。実際に約15%近くも減っているとなればマカオのカジノの現場は思ったようにお客様が入ってなかったのでは無いでしょうか?そして、年間売上については3.4%下がっているということなのでいまひとつ盛り上がりに欠ける状況だったのかもしれません。また、具体的な金額が発表されています。12月のカジノ収入は228億4000万パタカ(約3080億)との事です。単純に3000億の12ヶ月と考えると一年で約3兆6000億円もの売上が上がっているんですね。

マカオのカジノ収入が減った分どこに行ったの?

マカオのカジノ収入が減った分どこかにそのお金が動いていると考える事ができます。実際にどこに動いているのでしょうか?これは憶測ですが、オンラインカジノに流れ入ると考えています。カジノ初心者にしてみれば服装を考えたり、ミニマムベットをどうしたらいいのか?などしらべているのも大変です。しかし、オンラインカジノなら、いつも手にしているスマートフォンからお手軽にプレイすることが出来ます。電車の待ち時間や通勤時間などのスキマ時間にもオンラインカジノは楽しむことが可能です。初心者にしてみればカジノ初級としてオンラインカジノで遊んでみたいという気持ちがあるのでしょう。